Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/91-12895d26

-件のトラックバック

[T83] 『「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか』大塚英志/著

 「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか 読みました。 全体の約8割程度を占める前段部分は退屈でしたが、後半の問題の指摘(この部分こそが「なぜ敗れるか」を示している)はさすがに業界内部の人だけあり、非常に興味深く読みました。 そもそも業界市場の規模はともあ

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか

大塚英志の新著。わかりやすくいうと、おたく文化に擦り寄る国家主義者はおたく以上にキモいよ。彼らが思い込むほど大した市場でないし、HENTAI文化はアダルト市場と同レベルの広さしかないから。というまことに当たり前の主義主張を述べた本。事細かに書かれてある話は単に俺はこんな薀蓄もあるんだぜという知ったかぶり以上でしかないが、

(例えば戦後マンガの革新性は手塚に始まるは単に手塚の弟子が勝手に広げた妄想で戦前にその主要要素は全てあったとか、あだちみつるの心理描写は石森章太郎に遡るが、その心理描写に向かう芽は劇画にすでにあるとか、ゴルゴとサザエは年を取らないという点で同じとか)

ただ、オタク文化はもともとアメリカ的ディズニー文化の現地化したものにすぎず、この頃のオタク文化の海外への影響も単に一端現地化した文化をアメリカが回収しようとしてるだけという主張は傾聴に値するだろう。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/91-12895d26

1件のトラックバック

[T83] 『「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか』大塚英志/著

 「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか 読みました。 全体の約8割程度を占める前段部分は退屈でしたが、後半の問題の指摘(この部分こそが「なぜ敗れるか」を示している)はさすがに業界内部の人だけあり、非常に興味深く読みました。 そもそも業界市場の規模はともあ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

とくもと(本名徳永基二)

Author:とくもと(本名徳永基二)
35歳、非マルクス系社会主義者兼、おたく評論家
を自称する禿のフリーターのおっさん。

ランキングバナー人気blogランキングへ

↑ランキングに参加してます。ポチっと投票してくれると嬉しいです。












カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。