Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/59-0d275e90

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

DCSS「戻らない季節 」

さくらは幼少の頃、祖母が魔法使いであるという特殊な家庭で育ったためよく虐めれていた。しかし、彼女に害を為そうとするものは全て偶然のように死を迎える。いつしか回りはさくらを恐れて避けるようになりサクラも孤立し、自分の想いが他人に害を為すことを避けるために自分の内に閉じこもった。さくらは初音島をさり、長い月日が流れた。6年ほど、経ったある日、彼女は初音島に帰ってくるお兄ちゃんと約束した思いを確かめるために、しかしそのことが音夢の体と記憶に異変を起こす、音夢は口からさくらの花びらを吐き続け、記憶をどんどん失くして行く。さくらは呪った、この自分に架せられた宿命を、彼女は音夢を救うためにおばあちゃんが植えたサクラの樹が枯れることを祈った。それはこの島から魔法の力が消えること、その魔法の力の恩恵を受けていた全てが終わることを意味した。

2年後、その島にアイシアがやってきた。アイシアはロンドンの魔法学校でサクラの祖母と旧友だった大魔道師の孫だ。(この魔法学校の設定私も非常に気になる。ネギまに出てくるような学校だろうか?それともハリーポッターの出てきたよう奴?そっちを舞台にした方がもっと面白い話が描けるんじゃないのか)サクラはアイシアなら魔法の持つ危険さについて理解してくれるはずと期待するのだが.....


今回、アイシアの心持の描き方は見事だったかな。2年前のあの話に別な分岐は果たしてあったのか。DCPSをやってないので私は知らない。アイシアがまた2年前の惨劇を繰り返さなければよいのだが



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/59-0d275e90

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

とくもと(本名徳永基二)

Author:とくもと(本名徳永基二)
35歳、非マルクス系社会主義者兼、おたく評論家
を自称する禿のフリーターのおっさん。

ランキングバナー人気blogランキングへ

↑ランキングに参加してます。ポチっと投票してくれると嬉しいです。












カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。