Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/36-4adf5af4

-件のトラックバック

[T26] ARIA the ANIMATION 第05話 「その あるはずのない島へ…」

人は成長できるものだと、昔の人は言いますた━━━━ということで、今回はアニメが始まる前に仮眠をとった…のですが、中途半端な睡眠時間だったせいか起きるのに大変な労力を払い、鑑賞前には晃さん並に機嫌が悪かったのですが(←すわっ!)、本編見ているうちにだん

[T25] ARIA 5話 「その あるはずのない島へ…」

はいはい 水着 水着。最近、こんなことばっかり言ってる気がします。というか、まったり見てるARIAで水着の回とかされてもポカーンとするだけなんです。

[T24] ARIA The ANIMATION #05 その あるはずのない島へ・・・

謎の人物からのネバーランド招待券も

[T23] ARIA #5

第5話 その あるはずのない島へ・・・ ネバーランドへの招待状を貰った灯里。早速ゴンドラに乗ってネバーランドへ!島に到着した灯里は地図に示された場所を探しますが案の定迷子に。そこへ通りがかった人に尋ねようと近づくと、何とその人はアリスだった。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

アリア「そのあるはずのない島へ」

小さい頃信じていて大人になってから信じなくなってしまったものって確かにある。実際は信じなくなってしまったんじゃないけど、捉え方が変わってしまったというか。例えば暗闇や無音に対する捉え方は確かに昔と今とでは違う。違ってきているのは恐怖心を自ら合理思考で積極的に克服しようとしてきたからなんだけど。今は暗闇の方がなんか落ち着く。あ、今日も一日終わったんだなって。(今深夜バイトしているからそうでもないけど。)

一方、未だに信じているものもある。信じているじゃなくて、世間じゃ”それ”についてどう考えているの?”それ”って信じる信じないって対象なの?ということなんだけど。(つまりあって当然と思っている)

それはサンタクロース。で、話はそれるんだけど、ここで声を大にして主張したい。サンタクロースは実在すると。

大本は四世紀頃の東ローマ帝国小アジアの司教聖ニクラウスが貧しくて娘を嫁に出せない家があるのを知り、その家の窓に金貨を投げたことに始まる。教会により列聖に加えらている実在の聖人だ。現在のサンタクロースの姿は1931年にコカコーラーボトラーズが宣伝目的で作った挿絵に基づく。だが、実在のサンタも存在する。現在、グリーンランドの国際サンタクロース委員会によって180人のサンタクロースが公認されている。といっても実質的な所謂サンタクロース的な活動をしているわけではないが。実際の活動面はフィンランドの郵政局がサンタとしての活動(サンタとして子供の手紙に返事を書き、ファンのいる国にサンタの格好をして出かけてゆくなど)をしている。(由来に実体に機能が三点セットで揃っている以上それは存在する。)

さて、話がそれまくったアリアに戻す。灯里が信じているのはネバーランド。で、今回はそのネバーランドを灯里がみつけてしまう話。ある日、灯里の下に一つの招待状が届いた。中身を空けてみるとネバーランドからの招待状。で、一人その場所へ尋ねてみると、地図にも載っていない無人島。おまけにその招待状は藍華やアリスも貰っていた。招待された浜辺に行きたいのだが行けども行けどもその浜辺には行けず。途方にくれていた所、やっと見つけた一本の隠れた細い道。そして辿りついたのは本当のネバーランドだった。って、ここで突っ込みを入れると果て?原作でも晃さんも出てきたっけ(金がない時売っちまったんで)
晃さんのおかげで根性ものに本筋が変わる物語(あ、っでも丸太のりは何話かで出てきた気がする)それによその島に流されていってしまったアテナさんはどうなってしまったんだろう。そっちの方が気に掛かる。

灯里とアリシアさんが海の潜っているシーンをみてブルックシールズの「青い珊瑚礁」か何かを思い出した。

さて、来週はいよいよアテネさん登場。彼女の歌声(絵から見るとカンツォーネかなにかのようだが)を果たして再現できる声優がいるのか?
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/36-4adf5af4

4件のトラックバック

[T26] ARIA the ANIMATION 第05話 「その あるはずのない島へ…」

人は成長できるものだと、昔の人は言いますた━━━━ということで、今回はアニメが始まる前に仮眠をとった…のですが、中途半端な睡眠時間だったせいか起きるのに大変な労力を払い、鑑賞前には晃さん並に機嫌が悪かったのですが(←すわっ!)、本編見ているうちにだん

[T25] ARIA 5話 「その あるはずのない島へ…」

はいはい 水着 水着。最近、こんなことばっかり言ってる気がします。というか、まったり見てるARIAで水着の回とかされてもポカーンとするだけなんです。

[T24] ARIA The ANIMATION #05 その あるはずのない島へ・・・

謎の人物からのネバーランド招待券も

[T23] ARIA #5

第5話 その あるはずのない島へ・・・ ネバーランドへの招待状を貰った灯里。早速ゴンドラに乗ってネバーランドへ!島に到着した灯里は地図に示された場所を探しますが案の定迷子に。そこへ通りがかった人に尋ねようと近づくと、何とその人はアリスだった。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

とくもと(本名徳永基二)

Author:とくもと(本名徳永基二)
35歳、非マルクス系社会主義者兼、おたく評論家
を自称する禿のフリーターのおっさん。

ランキングバナー人気blogランキングへ

↑ランキングに参加してます。ポチっと投票してくれると嬉しいです。












カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。