Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/217-840698ad

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

BLACKCAT「まどろむ猫」

クラーケン島を目指すトレインは途中で霧深き山鳴りのする山を越えることになるがそこでサヤそっくりの女サキに会う。えらく幻想的なストーリー。単一の話としてみた場合かなり面白いか。ただ、シリーズの中で見た場合、サヤはひとつの特異点となっていると見ていいだろう。トレインの人生を変えた人物でありながら、トレイン以外の視点では決して語られることがない。今回もサキは盛んに仲間仲間というが一人も出てこないし、最後にみな死んだということがわかるが墓すら出てこないのでそれが本当のリアルな話なのか判断しようがない。サヤは何か刺客に追われているらしいがその刺客も最後の一人以外申し訳程度にしか出てこないし、彼女が刺客に狙われる原因となっている彼女が背負っているスクラップドプリンスも何か丸太のように抱かれているだけで本当の赤ん坊なのかわからない。「ガラスの仮面」に出てくる一人芝居の話のようだ。そもそもこれをみていると元々のサヤその人すら実在の人物であったのかその存在がわからなくなってくる。トレインはサヤにかなり強い幻想を持っており、しかも哀しい最後だったため永遠に消えない偶像になってしまっているが、もし彼女がスヴェンやイブ、リンス視点から語られれば全然違う存在だったかもしれないのだ。(例えば本当は星の使徒かクロノスのメンバーだったりして)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/217-840698ad

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

とくもと(本名徳永基二)

Author:とくもと(本名徳永基二)
35歳、非マルクス系社会主義者兼、おたく評論家
を自称する禿のフリーターのおっさん。

ランキングバナー人気blogランキングへ

↑ランキングに参加してます。ポチっと投票してくれると嬉しいです。












カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。