Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/213-d66c1bc1

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

CANVAS2「トマトレッドを撃て!」

やっぱりいいな、このまったり感。疲れている時にも優しく見れる。今回は文化祭の話、撫子祭?友枝町なのかなこの町は?(さくらとか住んでいる?)お兄ちゃんのオムライスおいしいと発言した性で、オムライスその味を知っているオムライスを再現することになってしまったエリス。「え~、おいいしいのはお兄ちゃんのオムライスで私は再現できないよ~」というエリスに朋子が「いいんじゃない、上倉先生じゃないんだし、鳳仙エリスのオムライスを作れば」という。その晩、竹内部長は主人公の家に呼ばれオムライスを試食出す。竹内は葉食べて一言「私は普通のケチャップを使ったオムライスがいいと思うけどな」
その帰り道、暗いから家まで送ってゆく上倉先生に「先生は鳳仙さんが何の制約もなく描いた絵を見たいと思いませんか。その結果私はその才能に圧倒されるかもしれない、でも見たいんです。だから邪魔しないでくださいね。」という。その晩、浩樹は霧の所に電話を掛け「俺は甘やかしていたのだろうか。確かにあの事故から既に10年が経つのだけど」
と話す。霧「エリスちゃんのことを一番見てきたのは浩樹なんだし、私は浩樹は浩樹なりに懸命に考えてやってきたのだと思うけどな」と励ます。なんか最終話が見えてきた。エリスがあの事故から立ち直ってゆくのを見て弘樹も絵を描ける様になるというラストなのかな?

その後、エリスは勇気を出してトマトケチャップを買うが帰り道に交差点でダンプカーを見て事故の記憶がフラッシュバックしへたり込んでしまう。そこに通りかかった菫。エリスを介抱し、エリスに、前、菫が歌えなくなった時にエリスから励ましでもらったお守りの人形を託すのだった。(過去の話の伏線が良い意味で生きてます)そして文化祭当日、エリスが、試食に来た弘樹の前に出したのは昔懐かしいおばあちゃんのオムライスだった。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/213-d66c1bc1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

とくもと(本名徳永基二)

Author:とくもと(本名徳永基二)
35歳、非マルクス系社会主義者兼、おたく評論家
を自称する禿のフリーターのおっさん。

ランキングバナー人気blogランキングへ

↑ランキングに参加してます。ポチっと投票してくれると嬉しいです。












カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。