Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/212-779cf7c8

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

舞乙HIME「ホワイトアウト」

まさしく”ホワイトアウト”といいますか、あれから一週間ぐらい飛んだところから話は始まる。スクライド第二部に状況的には似てるだろうか。現状がどうなっているのか説明するためにいきなり視聴者はなつき視点にシンクロさせられる。一週間も失神したままの人間を野宿状態でしかも占領で大混乱の中、世話し続けるなど本来尋常でない苦労を伴うはずだがなぜだかその点は軽くスルーされる。なつきが目を覚ましているとそこにいたのはナオ。ナオにこの一週間の間に何が起こったのかなつきは訊ねるがナオは「わかんなぁい」としらばくれる。そして何故かその場に都合よく居合わせる情報屋が親切にもなつきと視聴者のために説明をやってくれる。それに基くと風華宮ではいなくなったマシロとありかに代わりナギが主君として居座り、国民の目を他に向けさせるためホームレスの追放政策を実施、それがそこそこ国民に受けているそうだ。(全く持ってどっかの2ちゃんねらーを思わす愚民どもだ。)一方、ガルベローベは軍隊が占拠、中がどうなっているか窺い知れないという。そこでもって視聴者視点はその風華宮のある一室で監禁されているセルゲイ大佐のところへ飛ぶ。前作の巻き巻きのようにセルゲイを甲斐甲斐しく世話するニナ。セルゲイは何をされてもすまないの一点張り。
前作の盾に本当へたれ具合がよく似てきた。一方、ナギは例のオルガニウムの前、やはりこの国を占領したのはこれが目的のようで。で、ここでナギは歌い手=例のばっちゃの歌、三番まであり三番目はマシロが知っているらしい。紡ぎ手=アリカという視聴者に代わって回答を与えてみせる。ではこういうナギの某弱無人な振る舞いに対して各国の動きはというと、エアリーズのユキノとハルカがわかりやすい例を示す。なんでも明らかにシュバルツと組んだ軍事侵攻なのは明白なのに国際法上は瑕疵がないため手をだせないそうだ。

一方、話は代わって追われた難民の間に隠れたマシロ。始終城を抜け出していたのが幸いしたのかこういう時は溝鼠なみに強い生命力があるようだ。とはいっても、このぞんざいなしゃべり方でよく正体がばれない。難民の間ではマシロはことのほか人気がない。それもそのはず、彼らがホームレスになったそもそもの失政の原因はマシロの土建中心政治、それで職をなくし、家まで失った人がスラムを作っていたのを今度はそのことを理由に国を追われることになる、こうなるとそもそもの原因を作ったマシロが憎くないはずはなかろう。そんな時、難民にまぎれたマシロのメイドあおいが発見される。難民たちは彼女を袋叩きにしたげく、マシロの居所を喋らないと崖からつき落とすと脅迫する。あおいはその群衆の中に涙でぬれた眼でこちらを見ているマシロを発見するが最後まで律儀に忠誠を誓ったまま崖から飛び降りる。一方そのさまを見ても足が凍り付いて助けれないマシロ、彼女は自分と民衆に絶望し難民を離れて砂漠の中で砂に埋もれるのでった。では最後まで登場しなかった我らが主人公アリカはどうしてるのか、なんとどこかの人里に逃れて楽しげに水汲みをしている。そして重なるエンディング。初めてこの曲を録画しておきたいと思った。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/212-779cf7c8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

とくもと(本名徳永基二)

Author:とくもと(本名徳永基二)
35歳、非マルクス系社会主義者兼、おたく評論家
を自称する禿のフリーターのおっさん。

ランキングバナー人気blogランキングへ

↑ランキングに参加してます。ポチっと投票してくれると嬉しいです。












カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。