Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/207-1105a119

-件のトラックバック

-件のコメント

[C18] こんにちは

コメントをどうぞ紛らわしいハンドルでごめんなさい。日本人です。http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/で見つけてきました。また見にきまーす!
  • 2006-02-12
  • モロゾフスキー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

地獄少女「縛られた少女」

今回の話は「ミザリー」を思わす女が出てくる。やっている行動のパターンもアメリカでよく出てくる連続殺人魔の行動パターンそのものだ。で、今回の少女が取った行動「もっと早く地獄に落としていれば」を別な言葉で言い表すと「銃さえあれば、もっと速やかにあいつを殺せたのに」となるだろう。確かに猟奇的犯罪者に対して法の手続きを重視した手法はあまりに遅すぎる。だが、私的制裁を放任すれば逆に世間はより強い力の持ち主が支配するだけの無法世界と化す。これが人間界の常識だ。本来ならそういうことを承知の上で地獄少女はいるのでなかったのか。単に依頼主の意思のみで動いているのでは現在の一般法の社会と変わらない。例え呪っても現に罰するに足る素因がなければ地獄に落とすべきでないし、例え依頼者が呪いの執行を躊躇っていても早く罰しないと重大な結果を招きかねない場合は速やかに処罰を行うべきだ。本来、神とか地獄の番人たるものは人間の意志でなく法の基準のみに基づいて行動すべきだろう。

それはそうと前回の事件に懲りたのかつぐみが地獄少女の行為を止めることに徐々に疑問を持ち始めているようだ。一方、一目連や骨女は今日はお嬢に疑問を差し挟まなかった。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/207-1105a119

0件のトラックバック

1件のコメント

[C18] こんにちは

コメントをどうぞ紛らわしいハンドルでごめんなさい。日本人です。http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/で見つけてきました。また見にきまーす!
  • 2006-02-12
  • モロゾフスキー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

とくもと(本名徳永基二)

Author:とくもと(本名徳永基二)
35歳、非マルクス系社会主義者兼、おたく評論家
を自称する禿のフリーターのおっさん。

ランキングバナー人気blogランキングへ

↑ランキングに参加してます。ポチっと投票してくれると嬉しいです。












カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。