Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/205-86d2d5ce

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

FATE/stay night「魔術師ふたり(前編)」

「何故、お二人に紹介されたのですが。あのままでもよかったのに」この件に関しては士郎に若干分があると思うな。隠密に動くことで却って行動に制限が生ずるより、むしろ家族の一員として溶け込んだ方が制約が少ない。なのに学校には連れてゆかないのだな。一方、凛は他者に犠牲者が出ることが許せないみたいだ。こっちのほうが四郎より行動が正義に見方っぽい。アーチャーの前では士郎に今度自覚の無いままに会ったら殺すと言っているが戦い方に本気度が低い。士郎と凛はどうも似たもの同士のようだ。学校では弓道部の主将と副主将が行方不明という事件発生。それを伝えにきた先生自身が見るからに怪しそうな面構えだ。一方、生徒会の友はなにか無意識のうちに夜やっているようで、疲れが取れないという。そうこうするうちに、学校にあの目隠したサーバントが入ってきたようだ。士郎は違和感を感じているが、今のところ凛とじゃれあっている。本当の危機はこちらのほうだろう。なんか物語の雰囲気がデビルマンレディか映画「サスペリア」みたいになってきた。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/205-86d2d5ce

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

とくもと(本名徳永基二)

Author:とくもと(本名徳永基二)
35歳、非マルクス系社会主義者兼、おたく評論家
を自称する禿のフリーターのおっさん。

ランキングバナー人気blogランキングへ

↑ランキングに参加してます。ポチっと投票してくれると嬉しいです。












カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。