Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/154-8c1013a5

-件のトラックバック

[T175] レビュー・評価:地獄少女/第十三話「煉獄少女」

品質評価 24 / 萌え評価 20 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 4 / シリアス評価 24 / お色気評価 4 / 総合評価 13レビュー数 25 件 古本屋「江黒堂」で柴田が手にした古い一冊の本、そこには地獄通信の話そっくりの「煉獄少女」という小説が掲載されていた。柴田は作者である福本

[T90] 地獄少女第13話『煉獄少女』

今週は、今までと全く違う展開ですごく楽しめた。うえだゆうじ…喋りっぱなし!いやぁ~、たまらない♪柴田は何がしたいんだ?真実って一体何?それを突き止めて何になるっ

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

地獄少女「煉獄少女」

死んだ後、地獄に落ちると知っていたとき人はどう生きるのだろう。絶望するのだろうか。それとも己の業の深さに己自身を呪うのだろうか。その男は地獄行きが決まったのち、あらゆる手段をもって足掻いた。宗教に身を浸し、快楽に溺れ、博打と酒に身を持ち崩し、ボランティアにせいを出した。だが、死後、永遠の業火に焼かれる運命は変えられない。彼自身が行ったひとつの呪いが彼自身の人生の方向までも決定した。だが、最後彼はそのことを持って地獄少女を恨むようなことはしなかった。むしろ地獄少女に感謝した。地獄少女が彼のために泣いてくれたから。地獄少女はなぜ泣くだろう。彼の運命を悲しんで、いや、地獄送りを行う役割から逃れられぬ宿命を悲しんでか。地獄少女は何を考えて柴田という記者に自己の存在を知らしめようとしているのだろうか。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/154-8c1013a5

2件のトラックバック

[T175] レビュー・評価:地獄少女/第十三話「煉獄少女」

品質評価 24 / 萌え評価 20 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 4 / シリアス評価 24 / お色気評価 4 / 総合評価 13レビュー数 25 件 古本屋「江黒堂」で柴田が手にした古い一冊の本、そこには地獄通信の話そっくりの「煉獄少女」という小説が掲載されていた。柴田は作者である福本

[T90] 地獄少女第13話『煉獄少女』

今週は、今までと全く違う展開ですごく楽しめた。うえだゆうじ…喋りっぱなし!いやぁ~、たまらない♪柴田は何がしたいんだ?真実って一体何?それを突き止めて何になるっ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

とくもと(本名徳永基二)

Author:とくもと(本名徳永基二)
35歳、非マルクス系社会主義者兼、おたく評論家
を自称する禿のフリーターのおっさん。

ランキングバナー人気blogランキングへ

↑ランキングに参加してます。ポチっと投票してくれると嬉しいです。












カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。