Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/117-dd178c0a

-件のトラックバック

[T60] 感想:ラムネ 第10話 『フォークダンスとかさなる心』

出会った時から変わらない気持ち。時と共に育ててきた想い。余りにも当たり前過ぎて、余りにも今さらな恋心。そして、夜の湖畔にて重なる、二人の──

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ラムネ「フォークダンスとかさなる心」

最初の幼少のシーン。ナナミが泣いているのに髪飾りを叩くとはなんとひどい悪がきだろと最初思った。そう、貸しを100パーセントにするためなのか。

「いつまでもこのままだと思うなよ」という捨て台詞を残して散っていた佐倉の言葉を気にするナナミと健次の二人はバイクでこの前のキャンプ場行くことに。一方、暑いので健次のバイクの後ろに乗せてもらいたかったというひかりは美空が働く喫茶店に尋ねてくる。美空全く気にしていないように見えて何故だか健次とナナミの関係の進展具合が気になる様子。若しかして他に話す話題がないからか。「ああ、あの二人本人たちは気が付いてないみたいだから」気が付いてないのに手に抱きついたりするんだろうか。「あの二人に何かあったら、鼻にピーナツ入れて逆立ちして歩く」などといらぬことを言ったせいでヒカリはそれをせざる得ない嵌めに。(ドラえもんネタらしい。)一方、バイクの故障でナナミと健次が泊まった話を聞いた鈴夏はエロイ想像して顔を赤らめるのでした。

感想、そうだよね。幼馴染が恋人に深化するためには何かきっかけが必要だよね。でも夜、水辺でフォークダンスとはなんと古風な。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/117-dd178c0a

1件のトラックバック

[T60] 感想:ラムネ 第10話 『フォークダンスとかさなる心』

出会った時から変わらない気持ち。時と共に育ててきた想い。余りにも当たり前過ぎて、余りにも今さらな恋心。そして、夜の湖畔にて重なる、二人の──

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

とくもと(本名徳永基二)

Author:とくもと(本名徳永基二)
35歳、非マルクス系社会主義者兼、おたく評論家
を自称する禿のフリーターのおっさん。

ランキングバナー人気blogランキングへ

↑ランキングに参加してます。ポチっと投票してくれると嬉しいです。












カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。