Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/100-c226713e

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

舞乙HiME

はいはい、んじゃあ、いってみようか。今週の舞乙HIME
冒頭、アリカからの手紙を配達人からもらうセルゲイ。グレアム提督と比べて用心深い足長おじさんぶりで。そこでボスのナギがシャバルツのネゴシエータージョンスミスと合っていることを聞く。ジョンスミスは相変わらず食えない役どころのようで。

かわって、期末試験を受けるアリカ。伸びている。が、だからといって点数悪いとは限んないぞ。で、その後に待っているのは遠足と。みんな喜ぶどころか浮かない顔。それもそのはず。この言葉の本来の字義どおり100キロの行軍のこと。アリカ一人は海水浴と勘違いして始めてみる海に大河ドラマの出てくる田舎侍のようなセリフを言ってはしゃいでいるが、ユカリコの投げたクマデに捕らえられる。そして彼らは重たい荷物を渡されて(しかも食料は現地調達でその調理も採点されるとか)険しい道のりの説明を受ける。


一方、前作キャラクターたちはホテルで優雅に過ごしている。セルゲイとナギもついてきてお互い主従で腹の探り合い。セルゲイ、かずやくんとあかねの密会現場目撃する。「あれは・・・カルデア3大選帝侯家のボンボン?」


さて、深夜の間、エルスティンとアリカの鞄をまさぐる不振な影。そして次の日、二人一組で行軍開始です。アリカはエルスティンと一緒。

エルスティンは途中で蛇に噛まれ平気を装うがその次の日熱を出して倒れる。おまけに空には雷、で方位磁石も狂って方向がわからない。アリカは仕方なく発信機に取り付けれた緊急避難信号を出そうとするが何故だか発信機が壊れてしまう。こうなっては仕方がない。エルスティンを洞窟で寝かし、一人絶壁の崖を上り、人がいる所に近づこうとするアリカ。だがそこにまっていたのはシュバルツのネカマ野郎。アリカは崖から落とされます。その頃、さすがにホテルに陣取る学長なつきも異変に気が付き救援のため人を派遣するが発信機が壊れてるため場所の特定に難航する。次回どうなることか。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://tokumoto.blog32.fc2.com/tb.php/100-c226713e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

とくもと(本名徳永基二)

Author:とくもと(本名徳永基二)
35歳、非マルクス系社会主義者兼、おたく評論家
を自称する禿のフリーターのおっさん。

ランキングバナー人気blogランキングへ

↑ランキングに参加してます。ポチっと投票してくれると嬉しいです。












カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。