Entries

スポンサーサイト

舞乙HIME「『約束だよ!』」

画箱にも掲載されて本放送で見るのを楽しみにしていたOPをやっとでかい画面で見ました。サイコーです。さて、話は動乱に入る本の手前の話。卒業舞踏でアリカはトモエに圧勝、嫉妬に狂ったトモエはアリカの頭に硫酸を垂らそうとしています。今回の話で神祖さまが機械仕掛けであることが暴露されました。一方、シュバルツはあちらこちらに黒い手紙を配ってます。その魔の手はガルベローベの生徒にまで。一方、卒業記念舞踏はアリカ...

FATE/stay night「最強の敵」

なるほど、面白いと言われる理由がわかる。伝説上の英雄の召還とその英雄同士の命を掛けた戦いと、ただこの話見ていて思ったのはこの作品がリリカルなのはAsに与えた影響はでかいだろうなということか。ヴェルカの騎士シグナムはセイバーなくしては誕生しなかっただろう。(じゃあ、私もサーバントとしてなのはと契約したい。などといえるのか)四話目にしてテンポが速くなったのか教会を出てくるといきなりイリヤのサーバント・バ...

BLEACH66

今日は6時から仕事だったので7時半のこの作品は勿論見ていない。じゃあ、何の感想を書くのかといえば、前回、前々回はちゃんと見ているので感想はそれなりに書けるのだ。ソウルソサェティ編が終わり、現在はオリジナルに入っている。このオリジナル別に余計な挟雑物ではない。原作通りに描くとどうしても物語はドラゴンボールのように力技中心になる。すると脇キャラはどうしても浮くだろう。特にソウルソサエティ編は死神たちの戦...

canvas2「薄紫のオールナイトロング」

今日は仕事が夜だった。11時半までなので電車で帰れば12:00までに間に合うだろうと思っていて半分見逃してしまった。でもまあ、感想は書ける。今日は少女小説家可奈がスランプに陥り、浩樹の部屋に厚かましくも転がり込んできた挙句に寝てしまう話。その担当編集者と言うのが、霧の大学時代の先輩。このことを浩樹が知っていて可奈を手伝おうとしたのかはよく知らないが、最後の方で霧が可奈に挨拶しているシーンや(みんなが可奈...

Appendix

プロフィール

とくもと(本名徳永基二)

Author:とくもと(本名徳永基二)
35歳、非マルクス系社会主義者兼、おたく評論家
を自称する禿のフリーターのおっさん。

ランキングバナー人気blogランキングへ

↑ランキングに参加してます。ポチっと投票してくれると嬉しいです。












カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。