Entries

スポンサーサイト

灼眼のシャナ「炎髪灼眼の討ち手」

その昔、メリヒムへの密かな想いを胸に先代の炎髪灼眼の討ち手とヴィリヘルミナは伴に戦った。一方、戦場で傷ついたメリヒムは先代の炎髪灼眼の討ち手の前で力を封印し次世代まで命を永らえること誓い、次世代の炎髪灼眼の討ち手を育てることを約束しシロとなった。こうしてお互い同士の気持ちを封印したメルヒムとヴィルヘルミナは先代との誓いを果たすためにシャナを育て上げることに全力を注いだ。こうやって見てみるとシャナは...

ローゼンメイデントロイメント「茶会」

すでに関東では放映が終わっていて「あんな最後ではどういうものか」などと物議をかもしているそうなのだが関西ではまだまだ放映途中だ。いまひとつローゼンメイデンたちのにぎやかな生活をいいなと思うまでになっていないのでこの物語への没入できないでいるがこの生活を壊したくないからアリスゲームを始めれない。だからだれとも戦わないという真紅の気持ちは理解できる。むしろ蒼星石のどっちつかずの対応振りの方が興味を引く...

BLACKCAT「LOVE猫」

今回は完全にお遊びの回だった。シャルデンはイカレたクリードの支配する星の使徒は本来目指したはずの自由から遠くなったと勝手に抜け、一方キョウコはこのままではクロさまと戦うことになってしまうからとシャルデンについて行く。意外だったのはキョウコがちゃんと学校に顔を出し先生に無断欠席に件で怒られていること。どこでもかしこでも火を吹く危ないキャラでないのか。キョウコは星の使徒を抜けた限りはクロさまに会いに行...

地獄少女「旅芸人の夜」

アニメ誌を見ているとふたご姫もサーカスを扱っている。両者のサーカスに対するイメージを比較してみると面白いかも。実のところ、私はサーカスとかバレーとか肉体を使った芸術表現にあまり良い印象をもっていない。江戸川乱歩的イメージというか。昔、悪いことをする子がいると「サーカスに売るよ」などと言って脅かす親がいたがそういうイメージに近かったりする。地獄少女の今回の話はそういうイメージを具象化したような話だっ...

Appendix

プロフィール

とくもと(本名徳永基二)

Author:とくもと(本名徳永基二)
35歳、非マルクス系社会主義者兼、おたく評論家
を自称する禿のフリーターのおっさん。

ランキングバナー人気blogランキングへ

↑ランキングに参加してます。ポチっと投票してくれると嬉しいです。












カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。