Entries

スポンサーサイト

CANVAS2「セピアのトライアングル」

浩樹の過去が明らかになった回、親友の柳に絵のモチーフを取られて描けなくなったと。だが、霧の告白を断った辺りから既に柳に負けているのじゃないかな。新進気鋭の画家という名を捨てて霧という実を取るという選択肢もあるような気がするが、なんだか自ら負け犬街道を突っ走っているような気がする。(人のこと言えないか....)...

落語天女 おゆい 花のお江戸に天女舞う

エンディングが演歌なのも笑えるしかなり面白い。前評判はそれほどよくなかったけどどこかサクラ大戦見ている気分。歌丸師匠の声充てはそれほどうまいとも思わないがこないだの下手すぎるレモンエンジェルなどと比べるとダントツだと思う。敵キャラがナギくんなのも笑えるポイントか。...

舞-乙HiME 茜色の空に…

今日は何故か食欲不振で元気がないアリカ。いつものごとくエルスティンやニナ、イリーナと歩いているとアカネとカズヤくんのランデブーシーンに出会う。和君はアカネを押したおしたおしそうになってあかねの「だめーっ!!」の悲鳴で我に返る。そこにあかねの母国で先代ヒメが引退したというのでアカネは学生の身分でヒメに迎えたいといわれるが最後に自分の名誉も地位も捨てた和君が奪いに来て「卒業」の名シーン再現する。見所、...

名探偵コナン20周年記念スぺシャル

私にとってコナンとは今でも未来少年コナンなのだが。とりあえず、この下らない探偵ものも放映20周年を迎えた。今じゃこの作者がヤイバの作者であったことを思い出せる人はいないのでないか。20年たっても大人にならない永遠に恋人の家で居候し続ける紐男江戸川コナンこと工藤新一くんは今日は黒の組織と対決。今日、一番記憶に残った言葉は「しっかしよく事件が起こるゲームだな。実際の殺人はこんなもんじゃない。」という言葉。...

タクテイカルロア一話

まるで、ラブひなのような幼き日の約束で始まるストーリー。その後の萌えアニメのお約束のようなシーンでストーリーの掴みで与え、後半は戦闘シーンで締める構成。悪くはない。前半は些か悪趣味すぎたが、これ以後、キャラが萌えアニメの型を越えるような行動を取ってくれたらある程度評価できる。(あの男嫌いの全裸を見られた娘が人物に深みを与えるための最初のウィークポイントか?)主人公がへたれすぎなのが気になる。彼が技...

Appendix

プロフィール

とくもと(本名徳永基二)

Author:とくもと(本名徳永基二)
35歳、非マルクス系社会主義者兼、おたく評論家
を自称する禿のフリーターのおっさん。

ランキングバナー人気blogランキングへ

↑ランキングに参加してます。ポチっと投票してくれると嬉しいです。












カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。