Entries

スポンサーサイト

影からマモル

バカすぎる。なんだか非常に懐かしい感じのするベタバカ忍者アニメ。ノリは白土三平などのリアルものでなくさすがは猿飛くんとかそういうノリに近いもの。どこまで話を面白くできるかは今後しだいか。...

灼眼のシャナ 校舎裏の宣戦布告

タイトルはこれなのにこのタイトルどおりのシーンはほんのわずか最後の数分のみという回。だけど戦いの中でくちゃくちゃ気持ち悪いキスをするソラト、ティリエル兄弟をぶったおすことでより一段と絆が深まった悠二とシャナ。マルコシアスのきついせりふでマージョリーニも復活を遂げるし最期に吉田さんと言い争うシャナもなんとなく自信に満ちてます。(ほんでもってかわいいし)...

ローゼンメイデン・トロイメント「契約」

トロイメントを見ていて初めて面白いと思えた回。薔薇人形たちが全員そろうとみなで戦い合わなければならない。この状況を前にして各人がそれぞれ独特の憂いを帯びた感情のゆれを見せるさまがなかなか見ごたえある。とくに翠星石のかわいらしさ全開といったところか。なんだか契約するというよりお嫁に行くというイメージすら漂う。...

BLACK CAT「暴走する猫」

ハードボイルドさが益々増してきたBLACKCAT。過去を語りたがらないトレインとそのトレインを命がけで守ろうとする死んだ親友の片目を自分の片方の目に植え込んだスヴェン。星の使徒が自らの力をひけらかすために首脳会談の国際会議場を襲うとき、さやの敵を討とうとトレインは動きそのトレインの危機を救うためスヴェインは後を追う。それにしても自分がクリードでもしトレインを仲間にしたいならさやは殺すよりトレインを仲間にす...

地獄少女「煉獄少女」

死んだ後、地獄に落ちると知っていたとき人はどう生きるのだろう。絶望するのだろうか。それとも己の業の深さに己自身を呪うのだろうか。その男は地獄行きが決まったのち、あらゆる手段をもって足掻いた。宗教に身を浸し、快楽に溺れ、博打と酒に身を持ち崩し、ボランティアにせいを出した。だが、死後、永遠の業火に焼かれる運命は変えられない。彼自身が行ったひとつの呪いが彼自身の人生の方向までも決定した。だが、最後彼はそ...

Appendix

プロフィール

とくもと(本名徳永基二)

Author:とくもと(本名徳永基二)
35歳、非マルクス系社会主義者兼、おたく評論家
を自称する禿のフリーターのおっさん。

ランキングバナー人気blogランキングへ

↑ランキングに参加してます。ポチっと投票してくれると嬉しいです。












カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。