Entries

スポンサーサイト

「ヨーロッパとイスラム」

内藤正典氏の講談社現代新書の本。この本を読んでいて困ったことだなと思うのはここで見られるヨーロッパ的価値観、とりわけフランス共和制的価値観を自分ほどよく身に着けてしまっている人もいないなということなのである。ただ、同時に私はマルチカルチユライズも学んでいるしポストモダニストでもある。そういう観点から見るときオランダ的多文化主義に学ぶことは多いだろう。そこにあるのは棲み分けの議論なのだが理解しあえな...

「歴史認識を乗り越える」

小倉紀蔵著、講談社現代新書の本。なんだか皮肉なものである。この本を読んでいると中韓のナショナリストと日本の中韓と交流をしていこうとする人々の関係が「ヨーロッパとイスラム」の関係性を思い出させる。私が思うには1、日本はそんなにも多様性のある民主主義社会なのか2、中韓の人々は須く朱子学的思惟を身に着けたナショナリストなのかと疑問に思う。勿論こういう見解が成り立ちえることも充分知って置かなければならない。...

ラムネ「100個の貸しと100個の借り 」

やめてほしいよね。こういうストーリーは。健二が目覚めてよかったと言うより、なんか薄ら寒い余韻だけ残ったじゃないか。人間の人生はいってみれば死に向かって少しずつ衰え、衰退してゆく過程にほかならない。長い闘病生活の後、やがて無根拠に周囲にやれやれ死んだかと言う余韻のみ残して死体となる。最後に火葬という手間ひまを残しながら。そういう無根拠な人生がドラマとしてそれなりに楽しめるのはそこに何がしかの意味を供...

魔法少女リリカルなのはA's 「スタンバイ・レディ」

今回も相当フライングだが録画映像を早々手に入れたので感想を一日早く書くことにする。SEED DESTINYと言うこの作品とは対照的な金の掛かった糞作品を見た後ではリリカルなのはほど素晴らしい清涼剤はない。AIRに引っ掛けたようなリィーンフォース消滅場面。先に無限の妄想を広げる余地を持ちながら、尚且つだらだら続編作りが続くのを断った六年後編。細かな脇の複線の回収も全てきれいに纏めた挙句、最初から計算していたような...

舞-乙HiME 「仮面舞踏かい?」

今回はよくある、「王子とこじき」&「ローマの休日」&「星の王子NYに行く」の話しかと思っていたら、前作の話を引き継ぎ舞(エンジュの宝玉)のことまで出てきて大変見所のある話だった。やはり、エンジュの恋した相手は盾くんなのかな。セルゲイが武田将士だとすれば。 ガルベローベのシステムは国際公認でなく否定する国もあるわけですな。 マシロ女王今回のことで少しは人間的に成長しますか。今回、マシロの女の子らしい顔が...

SEED DESTINY「選ばれた未来」

この作品について今更書くことがあるのか、あるとすればsれは何なのか。昨日の最終話見てからずっと考えていたんだけど、今さっき、蒼穹のぺけおっとさんの感想(http://blog.goo.ne.jp/55_peugeot/e/5bdea1f84d75888b4a99dbb73c92dc6a)を読んでようやく書く気になった。実の所ぺけおっとさん的意見は全て全面的に肯定するけど全て肯定した上で尚且つこの作品はダメだと思うんだよね私は。シンが、自分の家族を殺したあの戦争の担...

DCSS[最終回] 幸せの鐘

最初から結論の出ていたいアニメがわかりきった結論に到着したアニメ。まあ、朝倉がみんなからモテモテであること自体がヘンな魔法にみんな掛かっているんだと思っていたから、朝倉が音夢を選んだことでそのヘンな魔法からみんな覚めて大変よかったんじゃないかな。今作品はこういうハーレムアニメの持っているいびつな構造をどう処理するかの一つの見本を見せたといえる。最初から答えの出ていたこの作品はアイシアというトリック...

Appendix

プロフィール

とくもと(本名徳永基二)

Author:とくもと(本名徳永基二)
35歳、非マルクス系社会主義者兼、おたく評論家
を自称する禿のフリーターのおっさん。

ランキングバナー人気blogランキングへ

↑ランキングに参加してます。ポチっと投票してくれると嬉しいです。












カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。