Entries

スポンサーサイト

「リスク論のルーマン」&「知識人と社会」と解釈の多義性

今回は一遍に二つの本を書評しようという聊か無謀な試みである。何故この二冊が選べれたかはこの所論の中で説明する「リスク論のルーマン」啓草書房 小松丈晃著実の所、ルーマンは私にとって非常に論じにくい論者である。私は一昔前にルーマンフォーラムの管理人さん(酒井泰斗氏)と言い争って辞めた経緯があり以後、ルーマンへの本格的な言及を避ける傾向がある。ただ、ルーマンのシステム論から何の恩恵も受けていないわけでは...

ARIA「その ほかほかな休日は… 」

あやまあ、グランマの登場する回を見逃しちまったか。ま、原作で知ってはいるけど。で今回は温泉の回。雪虫の話と重ねたのには驚いたが..盛りだくさんで描ききれるのかなと思ったが何とかうまく纏めていたみたいだった。はじめ、温泉話はアリシアさんが全部仕切るのかな(原作と違って)と思ったが後半では原作どおり藍華が幹事を務める話に置き換わっていた。何故だか晃さんとアテネさんまで後から登場したが。原作ではアリシアさん...

Appendix

プロフィール

とくもと(本名徳永基二)

Author:とくもと(本名徳永基二)
35歳、非マルクス系社会主義者兼、おたく評論家
を自称する禿のフリーターのおっさん。

ランキングバナー人気blogランキングへ

↑ランキングに参加してます。ポチっと投票してくれると嬉しいです。












カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。