Entries

スポンサーサイト

BLEACH55話感想

私は結局の所、何故享楽と浮竹が裏切ったのかよく知らない。わかっているのはこのままだとどちらも元柳斎に殺されかねないということだ。物語上は一護と白哉の闘いがメインだろうが、強さという点では元柳斎と二人の隊長の戦いの方がより上だろう。助っ人キャラが誰だかしらないが、夜一さんでないのは確かである以上考えられるのは浦原喜助しかいないと思うが。でも三人がかりでも勝てないんじゃないのか。一方、瀞霊廷内部は完全...

民主主義は何故普遍的理念といえるのか

社会主義の理念を復権させようと考えるなら啓蒙理念の復権を図るところからまず始める必要がある。なぜなら、社会主義とは結局経済の領域にも民主主義を導入しようとする思想に他ならないからだ。だが世間は保守化しており民主主義の意義すら見失われつつある。ここでは啓蒙の理念を現代的な観点から復権するにはという形の論を進める。まず、民主主義とは何か。対話的公共圏というメカニズムがシステムの変換の重要な結節点として...

SEED DESTINYは何故失敗したのか

初めに言っておくと、DESTINYの前作SEEDそのものを作ったコンセプトそのものが誤っていたという風には私は思っていない。「地球連邦擁護論」をみてわかるように、...

舞乙HIME第三話感想

この作品も感想に困る作品なんだよね。本来ならアクションシーンを見せ場として楽しむべきなんだろうけど。ふーん、という程度なんだよ。多分、主人公アリンコアカリの見せ場は来週なんだろう。(アカリがマシロを王座から追い落として王座に付く話だったらもっと面白いかもしれない。)まあ、前作キャラがいろいろ顔見世しましたとか終わりのナツキの「四話か胸騒ぎがする」を楽しむ所なんでしょうけど。(四話でナツキがまたノー...

ラムネ第四話?感想

いいよね。毎回まったりしていて。アリアといい勝負。というより映像がきれいな分、ラムネが少し上回っているかも。女の子同士が恋を主人公を取り合ったり、ハーレム状態で至れり尽くせりだったり、する作品に見飽きていたんで、これぐらい女の子に足して乱雑の付き合い方をしていたり、ヒロイン七海を中心に物語が進んだり、主人公が結局七海の面倒を一番見ていたりするアニメはそれなりに新鮮でいいかな。...

Appendix

プロフィール

とくもと(本名徳永基二)

Author:とくもと(本名徳永基二)
35歳、非マルクス系社会主義者兼、おたく評論家
を自称する禿のフリーターのおっさん。

ランキングバナー人気blogランキングへ

↑ランキングに参加してます。ポチっと投票してくれると嬉しいです。












カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。